}

夏野菜のサッパリ揚げ浸し

疲労回復効果と夏バテ防止効果のあるナスをおいしく揚げ浸しに!
夏野菜も一緒にドボンと浸して食べよう!

油と相性のいいナスを揚げ焼きにすることで、
ミニトマトもピーマンも栄養価アップします

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
なす ナスニン(ポリフェノール) 疲労回復
アントシアニン 抗酸化作用
カリウム 夏バテ防止
生姜 ジンゲロール 冷え性改善
シネオール 免疫力アップ、アンチエイジング、デトックス
ミニトマト リコピン 抗酸化作用、アンチエイジング、美肌
βカロチン 抗酸化作用、アンチエイジング、美肌
ビタミンC 感染症予防、抗酸化作用、美肌
ビタミンE 血行促進、冷え性改善、抗酸化作用
ピーマン ビタミンC 感染症予防、抗酸化作用、美肌

分量 2人分

材料

なす 2本(約160g)
ピーマン 2個(約60g)
ミニトマト 20個(約200g)
長ネギ 10cm(約10g)
白いりごま 小さじ1(約2g)
<A>
ポン酢しょうゆ 大さじ3(約55g)
きび砂糖 小さじ1/3(約1g)
生姜(すりおろす) 小さじ1(約6g)

一人分当たり約67kcal

作り方

  1. 野菜を切ります。
    なすは縦半分に切り、皮の方に斜めに2ミリ間隔て切り込みを入れ、乱切りにします。
    ピーマンも乱切りに。
    ミニトマトはヘタを取り半分に切ります。
    長ネギは白髪ねぎにして水に放しておきます。
    生姜はすりおろします。
  2. フライパンに油(分量外)を熱し、ナスを入れて中火で揚げ焼きにします。
    全体的に火が通ってきたらピーマンを加えて、一緒に揚げ焼きにます。
  3. ボウルにAの材料を入れて漬け汁を作り、の火が通ったら、熱いうちにつけ汁に浸します。
    ミニトマトも加えて大きく混ぜ合わせてなじませておきます。
  4. 器に盛り付けたら、上に白髪ねぎをのせて出来上がりです。ひとことおいしくなるコツ
  • 温かいままでも、冷たくひやしてもおいしく召し上がれます。
  • 茹でたそうめんの上にのせても栄養価アップし、おいしく召し上がれます。

この記事をかいた人 

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、ご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家